「補聴器を片耳で使いたいと思っている」

初めての補聴器を検討しているご相談者が表題のような希望を口にすることがあります。「どうしてですか?」と聞くと「右耳の方が聞こえにくいから」「友達が片方で使っているから」「まだ両耳はしたくない」「あまり予算を掛けたくない」「なんとなく……」と様々な理由が返ってきます。でも本当に片耳でいいのでしょうか?

片耳か?両耳か?

補聴器の基本は両耳です

人の聴力は左右の耳から音が聞えてくるのが自然な聞こえ方です。視力が低下した場合、当然のように左右でメガネのレンズを合わせるのと同じように、聴力が低下したなら当然、左右の補聴器で聞こえの改善をすることでバランスの良い自然な音を聞くことができるのです。
両方の聴力が低下しているにも関わらず、例えば右耳だけに補聴器を使用した場合、右側からの呼びかけには反応できるのに、左側からの呼びかけには気がつかないといったバランスの悪い聞こえになってしまいます。

片耳だけの補聴器は、 片目のメガネと同じです

両耳での使用をおすすめする理由

両耳での装用をおすすめするのには理由があります。
補聴器を片耳で使用している人よりも両耳で補聴器を使用している人の方が両側からサラウンドで音が聞えてくるので「聞こえの質」が高まり満足度の評価が高くなります。補聴器を両耳で使うことには以下のような利点があります。

① 可聴範囲が広がります

片耳で使用した時と比べるとより遠くの音まで聞こえます。また右からの音も左からの音も左右の補聴器から聞こえてくることで聞こえの範囲が広がります。

② より自然に聞こえます

両方の耳を使って音を聴くことが人間の自然なきこえです。両耳から聞こえてくることで自然に近い奥行を感じる豊かな聞こえになります。

③ 音の方向、位置が分かりやすくなります

両耳で聞くことで、音の方向が分かりやすくなり立体的に聞こえます。車や自転車が近づいてきた時もどちらから音が近づいているかわかり危機回避につながります。

④ 騒音下での聞こえが改善されます

片方の耳だけでは、さまざまな騒音も声も同じように聞こえてしまいます。騒がしい中での会話でも両耳できくことで、脳が持つ騒音を排除しながら言葉を聞くという能力を活かすことができ、騒音下での聞こえが改善します。

⑤ 言葉をよりよく聞き取れます

両耳装用すると、複数での会話の際にひとりひとりの声を聞き分けやすくなり、言葉の聞き取りも高まります。

⑥ 柔らかい音質で聞こえます

両耳装用すると余分に音量を上げなくても良いので、声や音楽がより聞きやすく、自然な音になります。

さまざまな場面での聴き取りやすさの比較

片耳での使用をおすすめする場合

補聴器は基本的には両耳での装用をおすすめしますが私達の方から片耳での使用をおすすめする場合もあります。

  1. ① 片方の聴力が健聴で補聴器の必要が無い場合
  2. ② 片方の聴力が非常に悪く、補聴器を使っても効果が出にくい場合
  3. ③ 病気等で補聴器の使用に問題がある場合

上記のような場合は片耳での使用をおすすめします。②の「聴力が非常に悪い」については音の聞こえ方だけではなく言葉の聞き取りが極端に悪いというケースも考慮して装用耳を検討します。

効果を確かめてみませんか

E・テラスでは試聴用の耳掛け型補聴器を常時ご用意しています。片耳と両耳で聞こえ方がどのように変わるのか、お客様の耳で確かめてください。
無料で補聴器の貸し出しも行っていますので、日常の生活の中で補聴器の聞こえを試していただくことができます。お気軽にお店のスタッフにご相談ください。
(お貸出希望の方はご免許証・保険証など、ご身分を証明できるものをご持参ください。)

【無料】電話でのご相談を受付中。
電話相談も受付しています、もっと詳しく知りたい方は

011-624-3336

011-624-3336

までご連絡ください。

営業時間 平日 9:30~17:30/
土曜 9:30~12:00
定休日 日曜・祝日